コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

和銅農園とは

コンテンツタイトル下地

会社概要

  • 会社名
    株式会社 和銅農園
    所在地
    〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷457-3
    電話番号
    0494-25-4733
    FAX
    0494-26-5859
    創業
    平成27年6月
  • 代表取締役
    田口 賢司
    取締役
    田口 直樹
    事業内容
    • ・いちご生産/販売
    • ・養蜂/蜂蜜販売
    • ・農作業代行請負
    • ・ビニルハウスメンテナンス
    • ・農地除草/管理

栽培品種

品種 特徴
とちおとめ 「女峰」と「とよのか」という2大ブランド品種を交配し、さらに「栃の峰」を掛け合わせて作られたのが、「とちおとめ」です。粒が大きく鮮やかな紅色の果実で甘みが強いのが特徴です。
やよいひめ 群馬県産の品種で、「とちおとめ」と「とねほっぺ」を交配してできた品種です。大粒で糖度が高く酸味が弱いのが特徴です。
紅ほっぺ 静岡原産のいちごで、「章姫」と「さちのか」を交配して作られました。粒が大きめで香りが良く、適度の酸味があるのが特徴です。
あまおとめ 愛媛県産のいちごで、「とちおとめ」に「さがほのか」を交配して作られました。果実は大きめで、やや縦長の円錐形です。糖度が高めで甘いですが、酸味もしっかりとあるのが特徴です。
章姫(あきひめ) 「久能早生」と「女峰」を交配して作られた、静岡原産のいちごです。長く大きい果実が特徴で、酸味が少なく、甘みが強くなっています。また、実が柔らかいのも大きな特徴です。
越後姫(えちごひめ) 新潟県産の品種で、母親は「ベルルージュ」×「女峰」、父親は「とよのか」です。豊富で香りがよいのが特徴で、糖度は高めでやさしい酸味を持ちます。
さがほのか 佐賀県産の品種で、「大錦」×「とよのか」を交配して作られました。甘味が強く多汁で、酸味は控えめです。円錐形でサイズは大きめなのが特徴です。
さつまおとめ 鹿児島県産の品種で、鹿児島県農業試験場の品種と「さちのか」とを交配してできた品種です。果実は長円錐形で大きく、糖度が高く酸度がやや低いため、甘味が強いのが特徴です。
星の煌き(ほしのきらめき) 三好アグリテックオリジナル品種で、果実のそろいがよく、色、艶の優れた品種です。コクと適度な酸味があるおいしい果実です。
あまりん 埼玉県産のオリジナル品種で、きわだつ甘さとほのかな酸味、ジューシーで爽やかな味わいが特徴です。
桃薫(とうくん) 北海道産の品種で、「とよのか」に桃のような香りの野生種を交配して生まれました。淡い桃のような色合いと、華やかな桃やココナッツの香りが強く、一般的ないちごとは一線を画する品種となっています。
こいみのり 九州沖縄農業研究センター育成の新品種です。大粒で果実の香りが強く、糖度と酸味のバランスがとれた品種です。
上記の一覧表にはいちご狩りでは食べることのできない、販売専用の品種もふくまれています。

美味しさの秘密

土・肥料へのこだわり

和銅農園では、有機培土を使用し安心・安全のいちご作りをおこなっています。また、肥料も有機肥料を使用し、化学肥料は不使用です。お子様や高齢者でも安心して食べられます。

土は「株式会社JAHT」の土を使用しています。農業のプロフェッショナルが研究に研究を重ね、作られた土です。

いちごの味の根本となる土には、常に細心の注意を払っています。

詳細はこちら 株式会社JAHT

管理・設備へのこだわり

いちごを安定して育てるための管理システムのご紹介です。管理システムは温度や湿度、風量の調節など多岐に渡り、様々な設備によっていちごの品質が保たれています。ここでは、その一部をご紹介します。

  • ろ過装置
    ろ過装置 2ヶ所

    いちごに与える水の成分を管理、ろ過します。水道水に含まれる余分な鉄分など、イチゴ栽培に不要な不純物を除去します。

  • 温湯管・温湯管ボイラー
    温湯管・温湯管ボイラー 5台

    いちごの土の内側にホースでお湯を流し、夜間のイチゴの地下部(根)の温度を保ちます。冬場でも、15度前後に保つことができます。

  • 給液装置
    給液装置 5台

    いちごに肥料の供給をおこなうための装置です。4段階の肥料濃度と肥料量 、時間を自動で管理します。

  • 電磁イオン発生装置
    電磁イオン発生装置 1台

    水をマイナスイオン化して根からの吸収をよくするための装置です。

  • 暖房機
    暖房機 7台

    ハウス内の温度を管理するための暖房器具です、昼間のハウス内の温度は25度前後、夜間は最低温度10~15度に確保しています。品種ごとの温度を変えるために、各ハウスに1ずつあり、台計7台あります。4段変温機能付きで、温度管理も万全です。

  • 炭酸ガス発生装置(生ガス)
    炭酸ガス発生装置(生ガス)

    ハウス内の炭酸ガスを増やし、イチゴの光合成を促進し甘さを増やすための装置です。自然界の炭酸ガス濃度は平均300ppmですが、1200ppmに自動で管理します。

  • 天窓開閉装置
    天窓開閉装置

    ビニールハウスの天窓を自動で開閉することによって、ハウス内の温度を管理します。6段変温で、主に温度を下げる働きがあります。

  • 循環扇
    循環扇 20台

    ハウス内の温度や炭酸ガス濃度を、均一化するための装置です。各ハウス内に設置されていて、自動でコントロールします。

  • 電照設備
    電照設備

    いちごの生育を助け、冬場の葉の展開促進のために、夜間照明をおこないます。これにより、安定した供給量を確保することが可能となります。

  • 点滴チューブ
    点滴チューブ

    液肥や灌水などをコントロールして、いちごの生育を助ける役割があります。
    ゆっくりと灌水するのが特徴で、根が細かくしっかりと発達します。

  • 枝折れ防止ロープ一式
    枝折れ防止ロープ一式

    いちごの果実の枝を支えるためのロープです。枝折れ防止ロープが付いているところは、大きなイチゴが取れる証です。

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る