コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

新品種「あまりん」

コンテンツタイトル下地

新品種「あまりん」

当園ではあまりんのいちご狩りが可能です。
ご予約にて受付いたします。
詳しくはお電話にてお問い合わせください。

※あまりんの栽培状況によりいちご狩りができない場合がございます。必ずお電話にてご連絡ください。

電話番号 0494-25-4733

埼玉県発!いちごの新品種誕生!

  • 左・かおりん、右・あまりん
  • 左・かおりん、右・あまりん
  • 左・かおりん、右・あまりん

「あまりん」「かおりん」は埼玉県オリジナルのいちごの新品種として開発されました。

「あまりん」は平成21年から「やよいひめ」、「ふくはる香」を交配して選抜を繰り返し、平成28年に正式に品種登録され、その後県内の農園で栽培が始まりました。

当園では「あまりん」の試験栽培時から関わり、現在は安定して生産することに成功しました。
現在は、直売所と通信販売でお買い求めいただけます。

名付け親は落語家の林家たい平師匠

左・かおりん、右・あまりん

左・かおりん、右・あまりん

「あまりん」「かおりん」の名付け親は、埼玉県秩父市出身の落語家の林家たい平師匠です。

林家たい平師匠は、愛称の選定だけでなく、「かおりん」「あまりん」のイメージイラストも描いています。

甘みたっぷり!練乳いらずでそのまま味わえる!

現在埼玉県内で栽培されている主要な品種と比べて糖度が高く、食味の良い品種です。

「かおりん」と比べると酸度が控え目で、甘みを感じやすく、食べやすい品種となっています。

そのまま食べても甘みたっぷりです。

当園で栽培された「あまりん」は、東京都内のデパートや高級レストランなどにも出荷され高評価をいただいております。

幻のいちごと言われる理由

埼玉県産の「あまりん」と「かおりん」は、埼玉県内の農家でのみ栽培が許可されている品種です。

現在は栽培量も少なく、なかなか市場には出回りません。埼玉県内のいちご栽培面積は、約106ヘクタール。
そのうち「あまりん」の栽培面積は約1.5ヘクタールです。全体の1%しか栽培されていません。

これが、幻のいちごと言われる所以です。

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る